本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真珠湾
真珠湾

十二月八日の終戦
角川文庫














【内容情報】(「BOOK」データベースより)

昭和十六年十二月八日、貧しい東洋の島国が営々と築き上げた強大な海軍力は、米国太平洋艦隊を撃滅した。だがわずか四年後、日本人の誇りでもあったこの海軍が消滅してしまうとは、誰が想像し得たであろう。攻撃前日まで、米軍の動きを刻刻と伝えた実在の諜報員と、連合艦隊司令長官山本五十六。世紀の大作戦を担った二人の海軍軍人に、壮絶な近代日本の宿命を重ねて描く長編戦史小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

池上司(イケガミツカサ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部を卒業後、広告代理店勤務を経て作家デビュー。伊五八潜水艦のインディアナポリス撃沈を題材にした処女作『雷撃深度一九・五』で脚光を浴びる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。