本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真珠湾の真実
真珠湾の真実

ルーズベルト欺瞞の日々













真珠湾奇襲から六十年。今年の夏にはマイケル・ベイ監督の大作『パール・ハーバー』も封切られるとあって、一大検証ブームが起こりそうですが、大統領の陰謀を徹底的に暴いたこの本が、まずはその先鞭をつけることでしょう。それにしてもアメリカって国は凄い。真珠湾を忘れるなと国民を煽って日本に原爆を落とすのと同時に、真珠湾の真実と責任を問う委員会が軍・政府・議会に設けられ、活動しているのです。日本では宣戦布告の遅延の責など外務省は一度も問われたことありません。噫!(文藝春秋)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

卑劣な騙しうちと罵られた真珠湾攻撃。だが、騙したのはアメリカ側なのだ。17年の歳月をかけ膨大な新資料を駆使して迫る戦慄の真相。

【目次】(「BOOK」データベースより)

わが人生最大の特ダネ/裏口からの参戦/ホワイトハウスの決定/ハワイ空襲警戒警報/見事な配備/あのスパイは泳がせろ/奇襲受入れ準備完了/紛れもない前兆/真空の海をつくれ/マルタ皇太子妃との夜/戦争は以外に早い/無線封止神話の崩壊/きわめて安い代価/われわれはよい記録を残した/退避方角は北だ/文書はすべて破棄せよ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

スティネット,ロバート・B.(Stinnett,Robert B.)
1924年、カリフォルニア州オークランド生まれ。真珠湾攻撃の時は高校在学中で、翌1942年卒業と同時に海軍に志願入隊、’46年まで当時海軍大尉だったジョージ・ブッシュ元大統領のもとで太平、大西両洋の戦場に従軍、その軍功に対し青銅従軍星章10個及び大統領感状を授与された。戦後はオークランド・トリビューン紙の写真部員兼記者を勤めたのち、’86年退社。BBC、NHK、テレビ朝日の太平洋戦争関係顧問でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)







真珠湾の真実

ルーズベルト欺瞞の日々

page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。