本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嘘を見破る質問力
嘘を見破る質問力
法廷での反対尋問や幾多の交渉を通じて会得した
「嘘の見破り方」と「記憶誤りの正し方」を具体的な事例から紹介。



専門家への対処の仕方、男性と女性の嘘のちがい、
嘘をつくときの身体的反応など、さまざまな角度から真実に迫るスキルが身につく。















嘘を見破る質問力







【内容情報】(「BOOK」データベースより)

目や指先の動きから嘘を見抜く、相手を追い詰めず逃げ道を用意する、イエス、イエスで囲い込む…必ず相手を落とす弁護士の危険なテクニック。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 華麗なる芸術、反対尋問/第2章 人間の記憶は実にいいかげん!/第3章 悪意で嘘をついている相手に対して/第4章 女性は男性よりはるかに嘘が上手/第5章 専門家に太刀打ちするためには/第6章 法律家の論理/第7章 嘘の事例とその対処法

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

荘司雅彦(ショウジマサヒコ)
1958年、三重県生まれ。81年、東京大学法学部卒業、日本長期信用銀行入行。85年、野村證券投資信託入社。86年9月末に退社し、翌10月、ゼロから司法試験の勉強を始める。独自の勉強法を考案して、88年、当時としては最速のペースで司法試験合格。91年、弁護士登録。以来、民事、商事、家事、刑事、倒産処理など、「平均的弁護士の約10倍のペース」で、幅広くかつ多数の事件を取り扱う傍ら、複数の行政委員会の委員などを歴任してきた。2008年よりSBI大学院大学教授に就任し、現在に至っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。