本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真珠湾再考
真珠湾再考

(真珠湾再考)二階級特進の周辺




海軍はなぜ甲標的を発進させたのか














【内容情報】(「BOOK」データベースより)

困難かつ危険で生還の確率も限りなくゼロに近い任務に、なぜ若者たちは豆潜水艇に身を託して、自ら生命を捧げたのか―「九軍神」と「捕虜第一号」に運命を分けた真珠湾特別攻撃隊の十人の男たちの悲劇!二階級特進の美名の裏側に秘められた日本海軍の光と影。

【目次】(「BOOK」データベースより)

プロローグ/第1部 (軍極秘/ネイバルホリデーとその終焉/機密兵器/甲標的/迷走する赤い浮標/敵は泊地に在り/ゴーサイン/近頃の若い者/決死か必死か/帰郷)/第2部(訓令工事/特別攻撃隊/ワレ真珠湾ニ死ナン/長官山本の憂患/燎原前進微速/十年目の真珠湾/盲目潜航/捕虜第一号)/第3部(九軍神/火焔天に沖す/真珠湾の雷跡/未だ帰還せず/提督たち/トヨタの社宅)/エピローグ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

須崎勝彌(スサキカツヤ)
1922年、朝鮮黄海道に生まれる。東北大学法文学部在学中に学徒出陣、海軍飛行予備学生となる。戦後、新東宝を経てシナリオライターとなり、大映、東宝と契約、作品に海軍を題材としたものが多い。その他、歴史の小論も試みつつある。日本シナリオ作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。