本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人
陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人

日本は世界第四位の軍事大国といわれる。しかしそれは、軍事予算、装備の質と量を意味するだけで、本当の軍事力をさすものではない。組織としての危機管理能力、指揮系統の柔軟性と迅速性がなければ、ただの張子の虎である。本書は戦前の陸軍、海軍の作戦行動の欠点を組織論という観点から明らかにし、今日につづく集団としての日本と日本人の問題点を探っていく。











【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 戦争に求められる季節感/第2章 社会階層を否定した軍隊/第3章 戦う集団にあるべき人事/第4章 誤解された「経済」の観念/第5章 際限なき戦線の拡大/第6章 情報で負けたという神話/第7章 陸海軍の統合ができない風土

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

藤井非三四(フジイヒサシ)
1950年、神奈川県生まれ。72年、中央大学法学部卒。74年、国士舘大学大学院政治学研究科修士課程修了。財団法人斯文会、出版社勤務の後、出版プロダクション「FEP」設立。同社代表取締役。日本陸軍史、朝鮮戦争史を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。