本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「昭和」を振り回した6人の男たち
「昭和」を振り回した6人の男たち
石原莞爾、松岡洋右、東条英機、阿南惟幾、マッカーサー、吉田茂…。


この6人の男たちは満州事変、太平洋戦争から敗戦そして戦後処理まで、「昭和」という激動の時代を回天させ、現代日本へと続くこの国の「かたち」まで決したと言っても過言ではないだろう。



彼らは日本をどのように動かそうとしたのか、また、我が国に及ぼした功罪とは何だったのか。



半藤一利、保阪正康、桧山良昭ら6人の
執筆陣が斬新な視点からそれぞれの人物像に迫り、昭和のナゾを検証する。













「昭和」を振り回した6人の男たち



石原莞爾、松岡洋右、東条英機、阿南惟幾、マッカーサー、吉田茂…。





【目次】(「BOOK」データベースより)

序章 日本人を振り回した六人―歴史が転回するとき(半藤一利)/第1章 満蒙に理想は実現せず―世界最終戦論と石原莞爾(利根川裕)/第2章 “綱渡り外交”が遺したもの―三国同盟と松岡洋右(土門周平)/第3章 戻せなかった歴史の歯車―太平洋開戦と東条英機(桧山良昭)/第4章 「米内を斬れ」に込められた思い―戦争終結と阿南惟幾(半藤一利)/第5章 「日本人はまだ十二歳の段階である」―東京裁判とマッカーサー(保阪正康)/第6章 戦後最強にして最悪の総理大臣―戦後日本と吉田茂(夏堀正元)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

半藤一利(ハンドウカズトシ)
作家。1930年、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文芸春秋社入社。「週刊文春」「文芸春秋」編集長、専務取締役などを経て現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)







page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。