本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和天皇伝
昭和天皇伝

伊藤之雄
文藝春秋







昭和天皇伝


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生気に満ちた皇太子時代、即位直後の迷いと苦悩。戦争へと向かう軍部の暴走を止めようとする懸命の努力、円熟の境地による戦争終結の決断、強い道義的責任の自覚を持って日本再建に尽力する戦後。苦難に満ちた公的生涯のみならず母・貞明皇太后、妻・良子皇后、子・今上天皇と美智子妃などとの生々しい家庭生活にまで筆を費やした、読み応え十分の傑作評伝。

【目次】(「BOOK」データベースより)
昭和天皇は「現代の君主のなかでもっとも率直ならざる」人間かーはじめに/第1部 皇孫・皇太子時代(期待の男子ー明治大帝の初孫/楽しい少年時代ー欧州風教育と乃木学習院長/明治天皇への憧れと大正天皇への敬愛ー東宮御学問所/新しい世界への目覚めー大正デモクラシー・渡欧・結婚)/第2部 大日本帝国の立憲君主としての統治(新帝としての気負いー政党政治の始まり/誇りと正義感の代償ー張作霖爆殺事件/重圧と自信喪失ーロンドン条約・満州事変/国際的孤立と軍統制への不安ー国際連盟脱退と二・二六事件/見通しのない戦争ー盧溝橋事件・三国軍事同盟/日米開戦への危機ー日米交渉・南部仏印進駐/神に祈るしかないー太平洋・大陸での戦い/一撃講和から降伏の決断ー本土決戦か敗戦か)/第3部 象徴天皇としての戦後(天皇制を守るー民主化と象徴天皇制の成立/退位問題に揺れるーサンフランシスコ講和/象徴天皇と「戦争責任」への心の傷ー日米安保体制と「豊かな」日本への道)/昭和天皇と昭和という時代ーおわりに

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊藤之雄(イトウユキオ)
京都大学公共政策大学院教授・博士(文学)。1952(昭和27)年、福井県生まれ。京都大学文学部史学科卒。京都大学大学院文学研究科満期退学。名古屋大学文学部助教授、京都大学大学院法学研究科教授等を経て、2011年より現職。犬と酒と人間を愛す。確かな史料にもとづいて、明治維新から現代までの政治家の伝記を執筆するのをライフワークとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生書店
本ブック ドットコム





Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。