本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯
昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯

第1章 少年時代(賢母と恩師/校長排斥ストライキ事件)/第2章 ハイカラ海軍士官(黄金の日々/明治青年のロマン/航海術の権威/海軍難役と大正の暗雲)/第3章 反骨政治家(怒涛の昭和/沖縄丸の船頭/しのぶよる暗影)/第4章 有終の美(試練/悠久の大義へ)







昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大正十年、皇太子であられた昭和天皇が、皇室史上初めて欧州をお訪ねになった。御召艦「香取」艦長としてその大役を果たしたのは、沖縄出身提督、漢那憲和。退役後は、民政党代議士としてシビリアン・コントロールを提唱し、賛軍派とことごとく対立する。昭和天皇は、深い御心で漢那を支援された。埋もれた戦前史を照らす衝撃と感動の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 少年時代(賢母と恩師/校長排斥ストライキ事件)/第2章 ハイカラ海軍士官(黄金の日々/明治青年のロマン/航海術の権威/海軍難役と大正の暗雲)/第3章 反骨政治家(怒涛の昭和/沖縄丸の船頭/しのぶよる暗影)/第4章 有終の美(試練/悠久の大義へ)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
惠隆之介(メグミリュウノスケ)
1954年、沖縄コザ市生まれ。78年、防衛大学校管理学専攻コースを卒業。79年、海上自衛隊幹部候補生学校(江田島)、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。82年退官(二等海尉)。その後、琉球銀行勤務、米国国務省プログラムにて米国で国際金融等研修(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生書店
本ブック ドットコム




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。