本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


畏るべき昭和天皇
畏るべき昭和天皇

記憶の王/“御聖断”とは、何か/もう一つの“御聖断”/大東亜戦争と国際法/「カゴの鳥」からの脱却/天皇の「私の心」/立憲君主の激怒
厚生書店






【内容情報】(「BOOK」データベースより)
代表的日本人100人を選ぶ座談会で、昭和天皇を「畏るべし」と評した著者。二・二六事件、第二次世界大戦を経験した人物は、如何なる思いでその座に就いていたのか。北一輝との関係、「あっ、そう」に込められた意味、「天皇陛下万歳」と死んでいった三島由紀夫への思いなど、今なおベールに包まれた素顔を探る。日本人の根柢をなす、天皇制の本質にまで言及した、著者渾身の論攷。

【目次】(「BOOK」データベースより)
記憶の王/“御聖断”とは、何か/もう一つの“御聖断”/大東亜戦争と国際法/「カゴの鳥」からの脱却/天皇の「私の心」/立憲君主の激怒/「統帥権干犯」問題/天皇の戦争責任その一 近衛との確執/天皇の戦争責任その二 「常なる心(コモンセンス)」/天皇の戦争責任その三 陸軍を抑える最後のチャンス/天皇制下の民主主義その一 敗戦前後/天皇制下の民主主義その二 外の文明を受け入れつつ/天皇制下の民主主義その三 マッカーサーを押し返す/権力の彼方へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松本健一(マツモトケンイチ)
1946(昭和21)年群馬県生れ。作家、評論家。東京大学経済学部卒。現在、麗澤大学教授。評論、評伝、小説など多方面で執筆する。『評伝 北一輝』等で、2005(平成17)年度の司馬遼太郎賞と毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


たにまちこどもアート
本ブック ドットコム




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。