本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和天皇の学ばれた教育勅語
昭和天皇の学ばれた教育勅語

近代日本の目覚しい発展は、明治天皇の御聖徳によるところが、きわめて大きい。本書は、その明治大帝が渙発され、みずから率先重範に努められた「教育勅語」を、満十三歳の少年皇太子のために杉浦重剛翁がわかりやすく説いた御進講の記録全文。「類い稀な二十世紀の名君」昭和天皇の道徳心を培ったテキストの読みやすい普及版。










【目次】(「BOOK」データベースより)
「教育勅語」原本/「教育勅語」全文/「教育勅語」に学ぶ「たいせつなこと」/「教育勅語」御進講(第1回(朕~徳)/第2回(忠・孝) ほか)/解説 杉浦重剛と「教育勅語」の御進講

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
杉浦重剛(スギウラシゲタケ)
安政2年(1855)近江国膳所藩生まれ。大学南校(理学)卒業後、明治9年(1876)から英国留学。同15年東大予備門長。同18年、同志と東京英語学校(のち日本中学校)設立。同23年、衆議院議員(翌年辞退)。同25年から没年(1924)まで日本中学校校長。大正3年から同10年まで東宮御学問所御用掛(倫理担当)。同13年2月、満68歳で逝去

所功(トコロイサオ)
昭和16年(1941)岐阜県生まれ。名古屋大学大学院修士課程卒。皇學館大学助教授、文部省教科書調査官を経て、昭和56年度から京都産業大学教授。法学博士(慶応大学、日本法政文化史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

page top




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。