本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仕事は5年でやめなさい。
仕事は5年でやめなさい。
タリーズコーヒーをたったひとりで日本に根付かせたあの伝説の経営者が、仕事術を初公開。



「食を通じて文化の架け橋となる」という人生の「目的」を抱く松田氏。2007年にタリーズコーヒージャパン社長を退任。次はアジア環太平洋、そしてその他の国々へ、タリーズコーヒーを広めるべく、新たな挑戦の舞台に立ちました。
そんな、さらなる発展の渦中にある氏が、すべてのビジネスマンへ自身の仕事術を伝授。
・「やめる」と決めれば、成長は加速する
・リアルな「未来自分史」で残り時間を目に焼きつける
・目標は年3回「1月、4月、12月」のハットトリック手帳
など、創業からこれまでの多くのエピソードから導かれた興味深い見出しが並びます。
5年単位で期間を設定し、成長速度を上げている松田氏の「仕事は5年でやめなさい。」の真意は、多くのビジネスマンにとってのヒントとなるはずです。


















仕事は5年でやめなさい。


タリーズコーヒーをたったひとりで日本に根付かせたあの伝説の経営者が、仕事術を初公開。






【内容情報】(「BOOK」データベースより)

タリーズコーヒーをたったひとりで日本に根付かせたあの伝説の経営者が、初めて明かす仕事術。人生を切り拓く「松田式・目的達成プログラム」とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)

1章 人生を切り拓く「目的」の見つけ方、「目標」の立て方(「やめる」と決めれば、成長は加速する/「目的」と「目標」を明確に区別する ほか)/2章 おぼれながら「金のワラ」をつかめ失敗は成功の引き金(失敗のイメージを鮮明に描けるか/失敗する人ほど成功の確率が高まるワケ ほか)/3章 「凡」に目を光らせろ、些事を磨けば本物の力がつく(単調な仕事ほど脳を使え/ゲーム感覚を仕事に取り入れる ほか)/4章 コンプレックスを掘って宝を出せマイナー意識が道を拓く(人生を切り拓くマイナー意識/「これでいい」と思った瞬間からが下り坂 ほか)/5章 自分を伸ばし、人を育てるノーファン・ノーゲインの心意気(「ペイン」よりも効果的な「ファン」/生きがいを与える人づくり ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

松田公太(マツダコウタ)
タリーズコーヒーインターナショナル会長。クイズノスアジアパシフィック社長。1968年宮城県生まれ、東京育ち。父親の転勤で、セネガル、アメリカ・マサチューセッツ州レキシントンで少年時代を過ごす。1986年に帰国後、筑波大学に入学。卒業後、三和銀行に入行。1995年ボストンにてスペシャルティコーヒーとの運命の出会いをし、タリーズコーヒーを日本に広めることを決意。1年以上に及ぶ交渉の末、資金ナシ、コネナシ、経験ナシにもかかわらず日本における経営権を取得する。1997年1号店を銀座にオープン。翌年タリーズコーヒージャパン株式会社設立。2001年には飲食業界最速で株式を上場。2002年8月持株会社体制に移行(フードエックス・グローブ株式会社)。2004年、フードエックス・グローブをMBOにより非上場化。2005年には日本における「Tully’s」商標権を完全取得。現在約300店舗を有する一大コーヒーチェーン店に育て上げた。2006年秋、敵対的買収の危機に陥るも、伊藤園が安定株主になることで脱する。2007年には、次の“目標”を成し遂げるためにタリーズコーヒージャパン社長を退任。2008年タリーズコーヒーインターナショナルを設立。アジア環太平洋、そしてその他の国々に舞台を移し、再びゼロからの挑戦を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。