本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和天皇論
昭和天皇論

昭和天皇論

商品副データ
ゴーマニズム宣言special

小林よしのり
幻冬舎















登録情報

サイズ:
単行本

ページ数:
332p

ISBN:
9784344017955

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
没後、21年を経て、昭和天皇が甦る。失いすぎた我々が今、求めているのは、まさにこの巨人ではなかったか─。大ベストセラー『戦争論』の続編にして『天皇論』の前編であるばかりでなく、日本と日本人を束ね、戦後65年をゼロからやり直すよすがとなる「象徴」を描ききった、小林よしのり畢生の巨編。
【目次】(「BOOK」データベースより)
「あ、そう」と受容する日本の伝統/昭和天皇はマッカーサーとの会見で何を語られたか?/終戦時、国民の天皇への思い/天皇は玉音放送で何を語られたのか/「聖断」という奇跡/昭和21年元旦詔書は「人間宣言」ではない/沖縄を守った天皇メッセージ/昭和天皇の御巡幸/決着!昭和天皇の戦争責任/白村江の敗戦 天智天皇に学べ/御文庫から
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小林よしのり(コバヤシヨシノリ)
昭和28年、福岡県生まれ。昭和51年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒットする。平成4年「ゴーマニズム宣言」の連載がスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)








本ブック ドットコム
スポンサーサイト




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。