本ブック ドットコム
本ブック ドットコム 本読む人減ってるそうですね。 けど、今だからこそ 本、BOOKを読んで活字を楽しみましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二度はゆけぬ町の地図
二度はゆけぬ町の地図

西村賢太







二度はゆけぬ町の地図

西村賢太


いまもっとも瞠目すべき異能な私小説作家の短編集。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
夢想と買淫、逆恨みと後悔の青春の日々-読んだ者を爆発的な共感と笑いの渦に落とす、現代文学に彗星のごとく現れた、私小説の救世主。

【目次】(「BOOK」データベースより)
貧窶の沼/春は青いバスに乗って/潰走/腋臭風呂

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西村賢太(ニシムラケンタ)
1967年7月、東京都江戸川区生まれ。中卒。2003年夏より同人雑誌に参加して小説を書き始める。04年同人雑誌退会。同年「けがれなき酒のへど」が『文學界』の下半期同人雑誌優秀作として十二月号に転載。06年「どうで死ぬ身の一踊り」が芥川賞候補、三島由紀夫賞候補、「一夜」が川端康成文学賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト


寒灯
寒灯

西村賢太








ようやく手に入れることが叶った恋人との同棲生活。二人で迎える初めての正月に、危うく立ち込める暗雲の行方はーー。これぞ著者本領発揮の最新作品集!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ぼく、おまえをずっと大切にするから、今後ともひとつよろしく頼むよ」待望の恋人との同棲生活の始まり。仲睦まじく二人で迎える初めての正月に貫多の期待は高まるが、些細な事柄に癇の虫を刺激され、ついには暴言を吐いてしまう。二人の新生活にあやうく垂れ込める暗雲の行方はー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
陰雲晴れぬ/肩先に花の香りを残す人/寒灯/腐泥の果実

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西村賢太(ニシムラケンタ)
1967(昭和42)年7月、東京都江戸川区生れ。中卒。2007(平成19)年『暗渠の宿』で野間文芸新人賞を、2011(平成23)年「苦役列車」で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


苦役列車
苦役列車

西村賢太







苦役列車

西村賢太


第144回 芥川賞受賞作!

友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の支えにその日暮らしの労働で生計を立てる十九歳の貫多。生に渦巻く孤独と因業を描く平成の私小説家の新境地。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、その日暮らしの港湾労働で生計を立てている十九歳の貫太。或る日彼の生活に変化が訪れたが…。こんな生活とも云えぬような生活は、一体いつまで続くのであろうかー。昭和の終わりの青春に渦巻く孤独と窮乏、労働と因業を渾身の筆で描き尽くす表題作と「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を収録。第144回芥川賞受賞。

【目次】(「BOOK」データベースより)
苦役列車/落ちぶれて袖に涙のふりかかる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西村賢太(ニシムラケンタ)
1967(昭和42)年7月、東京都江戸川区生れ。中卒。2007(平成19)年『暗渠の宿』で野間文芸新人賞を受賞。『苦役列車』で第144回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




Copyright © 本ブック ドットコム. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。